CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


東京は目白のリボンレイのお教室がメインの
Island Flavor(アイランドフレイバー)のブログ!
リボンレイやオンラインショップの情報をご紹介!
時々ハワイ現地情報も…(^^)
<< ★レッスン(3/1)ディプロマH様 | TOP | ★レッスン(3/1)単発レッスンK様 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
★時代は繰り返す?
オイルショック騒動

私がまだ生まれて間もない頃なので、実体験としての記憶はありません。

ただ、何かの度にTVで取り上げられるので知識として知っています。

そこで必ず流されるのは

石油とは無関係のトイレットペーパーや洗剤を、我先に買い漁る人たちの映像。

その少し滑稽な様子に『もうちょっと冷静になれば良いのに。。。』と思います。

その場にいない他人事としての感想です。


でもひょっとしたら、今の自分たちも似たような状況に陥っていないでしょうか

今コンビニやスーパーに行くと、例外なくパンや電池などがなくなっています。

少ない在庫を手に入れようと行列まで作って。。。ガソリンも同様ですね。


でも、本当にいま今日明日を生きるのに必要なのでしょうか。。。

もちろん中には生活上、仕事上、必要に迫られている人もいると思います。

けれど実際買占めをしている人たちの多くは、そうでもなさそうです。

有事の備え、という気持ちはわかります。けれど今がその有事です。

備える時ではなく、有事のところに回すべき時ではないでしょうか。

私たちのところは少しの不便はあっても、暖房の効いた中で、ほぼ普通に生活ができています。

それでも、そんなにたくさんの電池や食べきれないほどの食料が必要なのでしょうか。

本当に必要なのは、厳寒の中、電気もガスも水もない、今生きるのに困っている被災者のはずです。


ただ、自覚なく買占めをしている人たちも、きっとその大半は今回の復興を願い

義援金を送ったり、節電しようとしている善意の人たちだと思います。

だからなおさら、どうして買占めも自制できないのか、と残念に思います。

お客さんが殺到すれば、お店も仕入れようとしてしまいます。

被災地にいない人たちの、こういう安易な買占めが、回りまわって

本当に必要としている被災地に届かなくなる。

そういう想像力を少しだけ働かすことはできないでしょうか。


幸いにして被災しなかった私たちですが、皆が皆『何かをする』ばかりではなく

皆で『しない』ことで役に立つやりかたもあると思うのです。


こんなことを書くのは偉そうで本当にすみません。

でも、いつもふざけてばかりのブログでも

毎日600前後のアクセスを頂いています、いつもありがとうございます。


なので、これを読んで頂いた皆様の周囲に、

もしそういう方がいらっしゃったら、少し気付きを与えてはいただけないでしょうか。

これも私が『祈り』『節電』『寄付』以外にできることかな、と思って

書くのは本当にためらいましたが、がんばって書いてみました。

今回、私たちの取る行動が、オイルショック騒動などの過去に学べなかった残念な事例ではなく

学ぶことができた好例として、後世に渡って語り継がれますように。。。


ほんと偉そうですみません。失礼致しました。


この度被災された皆さま、心よりお見舞いを申し上げます
そして一日も早い復興を願い、祈っています
posted by | 07:02 | ■その他のこと | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 07:02 | - | - | - |
コメント
コメントする